メニュー of データマイニングの宝箱


テキストサイズ 小 |中 |大 |

 

20世紀のホームページです。もう時代が違うので、どんどん縮小していきます。

データマイニングとは

データマイニングが登場した背景から、どういった場面で利用できるのか、成功のために何が必要か。”データマイニング”とは何かについてまとめました。

データマイニングとは

データマイニングの範囲

データマイニング成功のカギ




データマイニングは解析手法ばかりがピックアップされていますが、まずは構成要素である「データ」「コンピュータ」「解析者」がしっかりしていないと何にもなりません。軽視されやすいこれらの項目にスポットライトを当てたいと思います。

解析者



データマイニングで用いられる知識発見技術は、バスケット分析・決定木・ニューラルネットワークなど多くの手法があります。だからといって全部を同時に利用することは考えられません。解析手法はそれぞれの役割があり、その目的に合わせて使い分けなければなりません。
 それぞれの役割があると書きましたが、大きくわけると2つのタイプがあると思います。「データから本質を探る」タイプと「データから未知の現象を予測する」タイプです。「データの洗浄」から「知識発見の方法」をまじえて知識発見を考えてみます。



データマイニングツールは便利なもので、データの準備から情報を発掘する手間が省けるだけでなく、色々な情報発掘方法を試みることができます。 良く出来たデータマイニングツールは高価なものですから,興味本位で使ってみようと思っても,なかなか使えるような環境にないと思います.
 (株)数理システム「Visual Mining Studio」という汎用データマイニングツールを用いて,どんなものかご紹介しようと思います.

解析者



データマイニングで問題解決をはかる場合、ケースバイケースで対応しなければならないため、マニュアルを作るのが困難です。ここでは、ある問題を一例として、どんな手順ですすめていくのか、どこに時間をかけているのか、などなどを 綴ってみようかと思います。 

実例:株価予測


実例:株価予測


何かあれば、 takarabako (at) datamining.sakura.ne.jp まで。